武富整形外科ブログ

2018.02.05更新

このまえ保険医協会の月刊雑誌の中で「笑い」について記載されていました。昨年の5~8月に大阪国際がんセンターで「わろてまえ劇場」という笑いの舞台を参加者に見てもらいその前後で免疫力などがどう改善するか調べた実験が行われたそうです。もちろん免疫力が上がり、この結果は科学雑誌で有名な「ネイチャー」に投稿されるそうです。免疫の司るNK(Natural Killer)細胞があるのですが、大阪には「なんば花月細胞」と思い込んでいるおばちゃんもいると書かれてあり思わず笑ってしまいました。もっとすごいのがノーマン・カズンズという後にカリフォルニア大学(UCLA)の医学部教授になった人で、強直性脊椎炎(膠原病の1種)になり毎日全身の痛みにさいなまされていましたが、アフリカのシュバイツアー博士の「誰だって身体の中に病気を治す主治医がいるから、それをたたき起こす事だ」と言われドタバタ喜劇を10分間見て2時間ぐっすり寝られたため半年続け家に歩いて帰って退院したそうです。それだけでなく、後に心筋梗塞になり友人の医師の忠告には耳を貸さず、笑いで治したそうです。これは「笑いと治癒力」「続・笑いと治癒力生への意欲」岩波現代文庫でまとめられています。是非機会があれば読んでみて下さい。僕も人間の自己治癒能力は実は凄いと思っています。健康で長生きするためには笑いが必要ですね!o(^▽^)o

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日