武富整形外科ブログ

2016.08.08更新

8月6日は、医師会から花火大会の救護班に選ばれました。神戸に住んで長いですが、研修医時代旧神戸市立中央市民病院からしか見たことがなかったので、あわよくば花火を間近で見られるとわくわくして出動しました。o(^▽^)o19時半から花火なのに17時20分集合で早いなと思っていましたが、行って分かりました。場所取りなどで早くから来られて、熱中症の症状を起こしている人がいるからなのですね!何人かは、非常に残念ですが、花火見物を断念して帰宅してもらうことにしました。浴衣の観客が多いのにもびっくりしました。まだまだ日本の文化が残っていると思うと嬉しくなりました。花火が始まると、救護に来られる人が少なくなったので、花火を間近で見ました。煙がもうもうと立つ中で見られるほど間近でした。ただ打ち上げ音と花火とに時間差があるため距離はあったのかもしれません。おなかに響き渡るような音でした。花火師は、打ち上げた時の花火がどのようになるかをイメージしながら作ると聞いたことがあるのですが、様々な種類の花火を見て神業だと思いました。ハート型の花火もありました。打ち上げが終了するとけがが多くなりました。足を踏まれたり捻ったりした人が多かったです。花火の打ち上げ後の灰?が目に入った方もおられました。風向きによっては多い年もあるそうです。救護班のスタッフは、全員良い人で、裏方が頑張っておられるから滞りなく花火大会ができていると改めて思いました。10年ぶりぐらいでしょうか、花火を見られて良かったヾ(@°▽°@)ノ

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日