武富整形外科ブログ

2018.09.18更新

先週末は、久しぶりに家にいたので断捨離を行おうと考えていましたが、クリニックの倉庫の掃除、自宅での修理やカブトムシの幼虫の土の入れ替えで力尽きてしまいました。天災のシーンをテレビで見る度に災害が来る前に、終活を終えておかないと思いますが、時間に追われていない分難しいですね!今まで引っ越しを繰り返す度(学生時代から含めると12回)断捨離ができていたのですが、家を購入してしまったため物に囲まれ狭いながら(笑)生活しています。最近は、物を探すのも時間がかかり、昔友人に言われたのですが、1年以上使っていない物は使わないの原則で捨てれば良いのですが、特に新品などもったいない精神で捨てられないですね(涙)皆様はどうされているのでしょうか?

投稿者: 武富整形外科

2018.09.07更新

今年の夏は、地震から始まり豪雨、猛暑、台風と天災続きでした。年齢的に身体も心もきつかったです。今回事から学んだことは、想定外は通じない、危機管理の大切さを改めて痛感しました。最近の自然災害は、もう防御する対策を立てるより、起こった時にどのように対応できるかをしていく必要があるような気がします。北海道の停電や関西空港の教訓から、ほとんどの機能を単一の施設にゆだねるのではなく、ある程度他の施設にも分散させる必要があるのではないでしょうか?発電も大部分を苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所が担当しているためブラックアウトが起こり全北海道の停電が起こったそうです。関西空港もせっかく神戸空港や伊丹空港があるにもかかわらず、国際線のシステムや規約がないため利用できないそうです。有事の際は利用できるようなシステムを構築していた方がよいのではないでしょうか?停電時間も最近は長期に渡る可能性があり、クリニックも長期電源喪失の時のマニュアルが必要と強く思いました。

投稿者: 武富整形外科

2018.08.25更新

早いものでもう来週で8月が終わりですね!私自身8/8~11まで休みを頂いて島根の美保関の多古鼻と言う所のコテージにキャンプ?に行ってきました。半年前からの予約なのですが、全然電話が繋がらないかなりのプラチナチケット(笑)です。海が綺麗で沖縄の慶良間諸島に匹敵するぐらいではないかと思います。貝や海老、魚釣りと童心に返って夢中で遊びました。バルコニーから見える日本海の地平線の夕陽がまた綺麗で何もしなくても癒され幸せな気持ちになります。日々忙殺されているので心の洗濯も必要と思いました。是非皆様も機会があればお勧めです。この夏は、豪雨、猛暑、台風とほぼ3重苦で身体にも堪えました。この暑い中を災害復旧されている方も本当に大変だと思います。人類が好き勝ってしてきたつけが出てきているような気がします。幾ら文明が発達しても自然の猛威にはとても太刀打ちできないと思います。9月になり過ごしやすくなればいいですね!

投稿者: 武富整形外科

2018.08.06更新

今、東京医大の入試で多浪生や女子学生が選別されていたことが問題になっています。確かに文部科学省の事務次官の子供さんを優遇するのは言語道断と思いますが、私立において自分の学校の方針に従って合格者を決めるのは、僕自身は問題ないと思います。推薦入試だって小論文や面接の選抜基準を厳格に公表するのは難しいのではないでしょうか?推薦なんて多浪生には受験機会すら設けられていません。私立や民間は、学校や会社の方針で採用を決めるのが当たり前だと思います。マスコミはことあるごとに平等平等と叫びますが、世の中の動きが全て平等に動いているのでしょうか?マスコミ自身だって言いたい放題で、責任も取らずに明らかに不平等だと思います。特定の人をバッシングと持ち上げを節操もなく繰り返しているのではないでしょうか?ホリエモンしかり最近の大塚家具の久美子社長もしかりです。人間である限り失敗や過ちは起こします。もう少し温かく見守れる社会になれないものでしょうか・・・

投稿者: 武富整形外科

2018.08.02更新

昨日、あんしんすこやかセンターから頼まれ往診に行ってきました。僕自身が驚愕したのは、採血データーや外見から明らかにリウマチでもないに関わらず、とあるリウマチの有名なクリニックで生物学的製剤が投与されていたことです。神戸大学の先生が、精査を行いMRI等のデーターまでつけてリウマチも可能性が低いと紹介状を何枚にも渡って記載して頂いたにも関わらず、見もせずに「ここは全国からリウマチ患者さんが集まっているところ、自分がリウマチと診断するならリウマチや!」と一蹴され机の端に投げ出したそうです。以前もそこから患者さんが来られましたが、ほとんど触診することもなく診断治療されていました。少ない病床数で手術件数だけをこなしている病院やクリニックからも来られますが、本当に手術適応?と考えてしまうことも多々あります。マスコミの良い病院は、件数だけで評価しているためこのような弊害が起こるのではないでしょうか?僕自身の思う良い病院とは、本当に主治医が親身になって短期だけでなく何があっても最後まで診てくれる病院だと思います。極端な良い方をすると数多く治療をしていると言うことは、営業時間にもよりますが、患者さん一人当たりに掛けている時間がそれだけ少ないと言うことです。そう言う点では、僕が手術させて頂いている神戸海星病院の先生方は、本当に身を粉にして患者さんの事を考え働いておられいつも尊敬しています。納得がいくまで自分の病気について聞かれ、対応して下さる先生が、自分のことは棚に上げますが(;^_^A良い先生だと思います。

投稿者: 武富整形外科

2018.07.23更新

昨日、患者さんのお誘いで兵庫県立芸術センターで佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ「魔弾の射手」を観覧しに行きました。いつもだったら暗くなるとすぐに深い眠りにつくのですが、オペラそのものの躍動感が強く身の震うほど感動しました。大学でドイツ語を習っているにも関わらず全く分からなかったのですがヾ(;´▽`A``、最近のオペラは字幕が出て理解が深まりました。歌い手さんも座りながらでもよくこれだけ声が出るなと思うぐらい迫力満点でした。時代背景は、ヨーロッパで30年も戦争が続きウェストファリア条約が結ばれた直後の混沌とした時で、狩人が愛する娘を獲得するために悪魔が作る魔弾を手に入れ、最後はどんでん返しがあるのですが(内容は観られる人もいるかもしれないので秘密にしておきます)、それぞれの人が思いを込めた歌声でした。外は炎天下でありながら、快適な室温で、生演奏を聴きながらオペラを鑑賞させて頂き、心の洗濯になりました。来年も是非見たいと強く思いました。

投稿者: 武富整形外科

2018.07.21更新

連日の猛暑と言うよりは酷暑に近いぐらいで来院して頂く患者さまには本当に申し訳ないです。m(_ _)m昼間、外に出るとサウナに入っているようで熱風が吹き付けてきます。学童も含め多くの方が亡くなったり救急搬送されていますが、水を持たずに外出することは危険な状況ですね!昔は、高齢者の方は熱中症に気を付けて下さいと言っていましたが、この暑さでは、全ての人が対象になると思います。自分達の時代は、体育やスポーツ中は水を飲んだらだめと言われていましたが、今までは考えられないことです。しかしながらその当時これほど熱中症のことが叫ばれていなかったのはやはり温暖化の影響が強いのでしょうか?家の庭で蝉が脱皮するのですが、脱皮する高さが年々低くなっていたり成虫になりきれずに死んでいる蝉を見ます。これも温暖化の減少でしょうか?いい加減に人類の英知を結集して温暖化対策や最近では代謝されないプラスティックのゴミの事を考えないと恐ろしい事態になるのではと危惧しています。

投稿者: 武富整形外科

2018.07.19更新

先週末鹿児島で学会があり、最終日にサボって(;^_^A前々から行きたかった知覧特攻平和会館に行ってきました。「きけわだみつのこえ」「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」を始め数々の戦争のものを読んできましたが、特攻隊員の遺書を見ると涙なしでは見られなかったです。17歳から23歳までの若い人達が、とても出撃直前の若者とは思えないほど達筆、冷静かつ端的に家族への思いを書かれている文章能力は目を見張るばかりです。自分自身振り返って、高校生の頃にはとても幼稚で書けないと思います。250kgの爆弾を抱えて操縦もままならずほとんどの方が敵艦に当たる前に亡くなったと聞いています。特攻隊員並びにご家族の無念さを考えると無謀な作戦を立てた上層部が許せません。無益な戦争を引き起こさないためにも修学旅行などを通じて日本の数多くの若者に読んで欲しいと思います。シリアも含め大人達の私利私欲のため罪もない子供達が戦争に巻き込まれて亡くなっていく世界は来ないのでしょうか?

 

投稿者: 武富整形外科

2018.07.09更新

先週の雨は、想像を絶するぐらい凄かったです。数十年の一度の大雨、命を守る行動をして下さいと頻回にニュースでアナウンスされていましたが、いかされたのでしょうか?最近の災害は、規模が経験したことがないぐらい凄いので、災害に強い町作りなんて不可能のような気がしてきました。それよりも起こっているあるいは起こった災害に対してどのように最小限の被害で迅速に対応できるかが大切ではないかと思います。地震後も公共交通機関が全線に渡って不通にするのではなく動かせるところは走らせる、高速道路もしかり、氾濫の危険水位を超えることが分かっているもっと早期に、危険地域の住民を先に避難させる方法もあったのではと考えてしまいます。天災を完全に防ぐ防災は今後難しく、アナウンスだけでなく具体的にできることをマニュアル化していくことが必要ではないでしょうか?今回亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。

投稿者: 武富整形外科

2018.07.03更新

突破0%など言われていましたが、今までの日本代表と違うためベスト8もありと信じ、今朝2時半から起きてワールドカップを見ていました。前半は押し込まれる時間帯も多く眠気なんて一気に吹っ飛んでしまいました。後半早々2点も入ったのでこれは絶対勝ち抜けると深夜の暗闇の中ではしゃいでいましたが、残り20分ぐらいの間に怒濤のような攻撃で、アディショナルタイムで万事休すになりました。終了後昌子選手が、地面をたたいているシーン、乾選手が号泣しているシーンで思わずもらい泣きしてしまいました。西野監督のインタビューでも言葉が詰まりまたまた号泣です。本当に素晴らしい試合を見せて頂きました。だからこそ日本初でベスト8に進めてあげたかったです。今回のことで多くのことを学べました。緻密な計算があれば、チーム力が個の力を凌ぐこと、あきらめない大切さ、どれだけ非難を浴びようとも自分を信じて道を歩む必要性などなど・・・日本だけでなく世界中を熱くしてくれて有り難うございました。西野監督並びに日本代表選手に感謝です。お疲れ様でした。m(_ _)m

投稿者: 武富整形外科

前へ

entryの検索

カテゴリ

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日