武富整形外科ブログ

2019.04.18更新

プレジデントのオンライン版で見て感銘を受けました。弱者に対していかに日本は冷淡であるか具体的なデーターで示されていました。実際、最近のマスコミやSNSのコメントを見ていると、社会的弱者や過ちを犯した人へのバッシングが過激すぎると思います。僕自身もそうですが、とても聖人君子ではありません。誘惑には弱いし、病気になったり運営がうまく行かず一文無しになる可能性もあります。当然どん底から再挑戦をしなければならないと思いますが、周りに受け入れ体制がないと這い上がってくることすら難しいのではと考えてしまいます。上野氏のメッセージの一部を抜粋すると「世の中には、頑張っても報われない人、頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体をこわした人達がいます。頑張る前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」と頑張る意欲をくじかれる人達もいます。あなたたちの頑張りを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれない人々をおとめるためにではなく、そういう人々を助けるために使って下さい。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください」涙が出そうになりました。岡本純子氏のコメントも引用すると、2007年のアメリカのピューリサーチセンターの調査によると「国は貧しい人々の面倒を見るべき」という考えに対し、同意すると答えた人は、イギリス91%、中国90%、韓国87%、アメリカ70%であったのに対し、日本は47カ国中、最低の59%だった。上野氏が指摘したように、「たまたま恵まれた環境と能力と運」によって、分かれ道ができただけであり、いつ自分が向こう側の人間になるかなど、わからない。離婚、不登校、引きこもり、虐待、介護、死別、病気、事故、加齢など、誰もが、あっという間に「弱者」になるのに、その痛みを分かつ「想像力」を持たない人たちが世界のどの国よりも多くいる、これは悲しい事実だ。日本が「きわめて他人に冷たい国」であることを示すデータはまだまだある。イギリスのチャリティー団体Charities Aid Foundation(CAF)が、人助け、寄付、ボランティアの3項目についての評価を各国別にまとめて発表する世界寄付指数(World Giving Index)。その2018年の調査では日本は144カ国中、128位だった。あまりに低すぎてびっくりします。アメリカのペンシルバニア大学ウォートン校のアダム・グラント教授によれば、人は3つのタイプに分かれるという。「Giver(人に惜しみなく与える人)」「Taker(真っ先に自分の利益を優先させる人)」「Matcher(損得のバランスを考える人)」このうち、最も成功を収めるのはほかならぬGiverなのだそうだ。骨折でアメリカで帰国された患者さんが、日本では三角巾つけていないと人が当たってくるので外せなかったが、アメリカでは三角巾をつけているとあまりにも多くの人に心配され声をかけられるので取り外したと聞きました。いつ自分が転落するかもしれない弱者に温かい世で、Giverでありたいものです。

投稿者: 武富整形外科

2019.04.01更新

新元号がもうすぐ発表になります。「平成の30年で、なぜ日本がこれほど凋落したのかという」タイトルで、JBpressに非常に納得させられる記事がありました。言われてみれば平成の幕開けはバブルの頃だったのですね!遠い昔のような気がします。記事からかなり抜粋させていただくと平成6年、世界のGDPに占める日本のGDPの割合は17.6%でした。これが平成29年になると、日本の割合は6.1%。存在感はほぼ3分の1になってしまいます。またスイスのビジネススクール「国際経営開発研究所(IMD)」が毎年発表している、国際競争力ランキングで、日本は平成元年から4年まで1位でした。それが2018年には25位。この数年は20位代後半をさまよっています。世界の時価総額ランキングも、世界のトップ50社を見ると、平成元年には日本企業が32社も占めていたのに、平成30年ではトヨタ1社が35位にランクインしているのみ。国際経済の舞台で、日本は凋落の一途を辿っていった。それが平成という時代でした。具体的に言えば、日本が得意としてきた製造業中心の資本主義から、もっと資本効率の良い金融業やIT産業が経済のメインストリームになっていったのです。この変化に日本はついていけませんでした。それが日本凋落の原因なのです。では、日本はなぜこの変化についていけなかったのでしょう? もともと日本人は、時代の大きな変化に柔軟に対応していくことが得意な人たちでした。典型は明治維新です。それまでの徳川幕府の時代からすれば、明治維新は社会構造を根本的にひっくり返すような改革です。各地に君臨した殿様の権限を全部取り上げて廃藩置県を行ったり、米で納めさせていた税金をお金で納めさせるようにしたり、国民全員に初等教育を受けさせる義務教育を導入したり・・・。どれをとっても「消費税率を8%から10%に」などというレベルの改革ではありません。明治維新というのは、本当に無茶苦茶な改革でした。近代西洋とぶつかり合って、「あ、そういう時代なんだ、このままじゃ生き残れないんだ」と、鍵となる日本人たちが認識したからこそ、過去をかなぐり捨てて、時代の変化に食らいついていったのだと思います。戦後も同様です。日本はアメリカとガチンコの戦争をし、徹底的に叩き潰されました。はっきり言って「終わった国」だったはずです。しかしその状況から、日本人は、欧米型の民主主義、資本主義に対応していきました。自動車も家電も、日本人が発明したものはありませんでしたが、欧米企業にキャッチアップし、ついには抜き去るようにして、経済大国へとのし上がっていきました。1979年には『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という本もアメリカで出ました。つまり歴史を振り返ってみると、新しい時代、新しいゲームについていくことは、本来、日本人はどこの国の人たちよりも得意なはずなのです。ところが、平成の時代に起きた世界の構造変化には、さっぱりついて行けなかったのです。その原因は、一つしか考えられません。それは「人的資源の劣化」です。もう少し突き詰めて言うならば、平成に起こった日本の凋落は、「教育の敗戦」の結果だったと言えるでしょう。僕は、日本人は、てっきり外圧でしか変われないと思っていましたが、歴史を紐解くとそうでなかったのですね!僕自身も何度もブログでも書いているように、日本の教育が画一的すぎて世界の趨勢についていけていないのだと思っています。特に最近は社会変化が目まぐるしいため、対応できていないのではないでしょうか?日本を再度元気にするためには、教育を変えていく必要があるのでは!と再認識しました。

 

 

 

投稿者: 武富整形外科

2019.03.29更新

引退会見は、深夜に開かれたため僕は寝ていました。(;^_^Aその後YouTubeや記事で見ると改めてイチローの偉大したいと思います。さが伝わってきました。自分に課題を課してコツコツとそれに向かって努力をしていく、口で言うことはたやすいですが、人並み外れた努力家だと思います。それでも人より頑張ってきたとは言えないと言われていました。私も含めて多くの人は、目標や目的を立てても自分自身に甘く、日々の生活に流され挫折してしまうと思います。特に結果がすぐに見えないと諦めがちです。原田メソッドという教育法でも言われていますが、明確な目的を立ててそれを叶えるために目標を立て、毎日自己評価することが必要とひしひしと思いました。そうしないとすぐに楽な道に逃げようとする自分がいます。( ̄Д ̄;;50歳も超えて、人生の折返しも過ぎました。限りある残りの人生を悔いのないように過ごさなきゃ!

投稿者: 武富整形外科

2019.03.23更新

3/20の水曜日午後から今までリハビ助手で頑張ってくれていた王さんの送別会を兼ねてボーリング大会をしました。さり気なく2~3回練習していたのですが、スタッフの隠れた才能にはびっくりしました。もちろん王さんも1位でした。桑田佳祐がボウリングをやっているとかで再ブームになっています。ほぼすべてのレーンが埋まっていました。僕らの中学生時代はよくしましたが・・何十年ぶりでしょうか!ストライクやスペアが出ると総立ちとなり全員が楽しめるスポーツですね!次回は必ずリベンジします。

投稿者: 武富整形外科

2019.03.19更新

無人爆撃をご存知でしょうか?この映画では、ロンドンに司令部、ハワイに操縦室、ナイロビでテロリストに攻撃という物語です。テロリストに英国人と米国人がいるためアメリカの国務長官とイギリスの外務大臣に攻撃許可をもらうためのやり取りが困難を極めやっと攻撃許可が出ます。ところがテロリストのアジトの近くには、子供がパン売りをしていました。子供の命を救うべきいろんな手立てを打つのですが、うまく行かず、テロリストの自爆テロを防ぐため、子供の安全確保という名目で周辺被害推測値を無理やり下げていきます。遥か離れた安全な場所から攻撃するのですが、操縦室からは子供の姿が見えるためミサイル発射のスイッチがなかなか押せません。最終的な結末は、ぜひ映画を借りてご覧になることを勧めます。現にこの時間もアラブの内戦で多くの子供達が亡くなっています。僕たちは、ニュースの画面でしか状況は把握できす無機質に死者数などテロップに流れますが、現実はもっともっと悲惨だと思います。私利私欲の戦いのため、なんの罪もない子供達が犠牲にならない世の中は難しいのでしょうか?

投稿者: 武富整形外科

2019.03.18更新

皆さんは、朝のNHK連続ドラマ「まんぷく」を見られているでしょうか?我が家もチキンラーメンが食卓に上ります(笑)主人公のモデルの安藤百福がカップヌードルを世の中に送り出した時が、還暦を過ぎた61歳なのですね!テレビで見ていても飽くなき追求心は凄いです!また江戸時代の伊能忠敬も51歳から測量を学び55歳から73歳までかけて日本全国を歩き日本地図を書き上げました。平均寿命が短かった江戸時代の50代は、たぶん現代の60歳後半近いのではないでしょうか?お二人の共通点は、年齢にかかわらず自分の興味を集大成まで持っていったところです。外来に来られ夢に向かって頑張っておられる方って、目の輝きが違います。凹むことも多いですが、常に変化を求め自分自身も一生夢を追い続けたいです。

投稿者: 武富整形外科

2019.03.17更新

昨日名古屋まで未来を切り拓く、目標達成の”極意”を学ぶのセミナーに参加してきました。少人数でしたが、熱い想いを持った参加者ばかりで、活発な討論が行われました。まず最初に教育についてでした。今までの教育は、答えがあり、それについての手段を暗記させる教育だったと思います。ところが暗記って、3ヶ月後には90%失われているのですね!現代は、社会、システム、デバイスが激変するので答えがない時代、AIが凌駕するかもしれない時代、だからこそおのれ自身が答えを見つけ、それに向かって自分自身で目標を立て邁進させる教育が必要です。アメリカではすでに、生徒自身がテーマを決めてカリキュラムを考え1年かけて到達する高校があるそうで、さすがアメリカだと思いました。COACH(コーチ)は、昔の馬車の事で、お客さんを目的地運ぶ仕事、つまりコーチの仕事とは選手を目的まで連れて行ってあげるツールやシステムを作る仕事であると教わりました。目からウロコです。次に目標達成プログラムがテーマでした。目的は、的を決めるつまり最終ゴール、目標は、標まさしくゴールに達するまでの道標なのですね!目的と目標の違いも勉強になりました。過去を振り返るのではなく、なりたい自分の未来を描きながら現在の自分の進むべき道を見つける。過去はいくら振り返っても変わることはないが、今の自分は変えることができる。日誌に自分の良い点、改善点、もう一度やり直せるならの3点を書き留め自己効力感、自己肯定感を高める。まさしく未来志向ですね!本当にワクワクできた2時間でした。

投稿者: 武富整形外科

2019.03.15更新

皆さんは日々ストレスをどうやって発散されているのでしょう!NHKスペシャルで放映していたキラーストレスは、脳細胞や血管を破壊するということでした。そういう定義から言うと僕の脳細胞はかなり死滅していると思います。(T△T)時々は、発散する必要があると思いますが、なかなか時間が取れず毎日バタバタしているのは、きっと時間の管理ができていないのでしょうね!どうしても仕事と私生活との区切りがつきにくくなっています。しばらくご無沙汰していた自転車通勤を再開する時期に来ているのかもしれません。朝の寒さが、気持ちを萎えさせますが・・・(;^_^A

投稿者: 武富整形外科

2019.03.13更新

今年も早くも天気予報で開花予想をしています。この冬は寒い日もありましたが、全体的に例年より暖かい日が多い気がします。日々の仕事に追われていると、周りを見渡す余裕がなく、真っ暗な朝に出勤し仕事をし帰宅後夕食を食べ寝るまで1時間という生活を送っています。ところが最近は、日の出が早いため出勤時に川沿いの桜や山の木々を見ることができます。心が疲れた時は、自然に触れると心が休まります。この前の月曜日にグアテマラに嫁いだ日本人女性の話を放映していました。子供達に自然に触れさせたくてガスも電気も水道もない村で自給自足の生活を送っていました。僕たちが想像する以上に生活は大変だと思いますが、毎日キャンプのような生活で子供達の生き生きとした笑顔が印象的でした。昔と比べ虐待や殺人が増えている気がします。ニュースを見るたびに心が痛みます。コンクリートジャングルに囲まれて自然に触れる機会が少なくなり、日本人の多くが心の余裕を失っているのではないでしょうか?地域活性化と言われながら実際は、商店街は空き店舗だらけ、住人は高齢化しています。昔の戦争時代の疎開ではないですが、子供達をせめて夏休みなどを利用して自然の中で生活を過ごすことにより、心が豊かにならないでしょうか?それにより地域も活性化するのではと思ってしまいます。

投稿者: 武富整形外科

2019.03.08更新

僕自身整形外科医であるため癌の末期の患者さんを診ることはほとんどありません。今回患者さん自身の希望が強く、僭越ながら私自身が最後まで看取らせて頂きました。独居の方で最後まで頑なに病院での治療を拒否されていました。痛みの訴えがぎりぎりまであまりなかったため、最後の1週間で痛みが強くなっても、急速に痛み止めを増量することができず、患者さんに辛い思いをさせてしまいました。訪問時に患者さんの叫びを聞くたびに、自分自身の知識の無さ、無力さを思い知らされ毎日苦悩の日々でした。自宅で亡くなることを選択されたからには、最後が良かったと思えるようにもっともっとできることがあったのでは、今でも毎日反芻しています。と同時に自宅での死を選ばれたことに敬意を払います。改めて人間生まれてくる時も死ぬ時も一人と強く思いました。ご冥福をお祈りします。

投稿者: 武富整形外科

前へ
武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日