武富整形外科ブログ

2018.11.09更新

最近セミナーや啓発本を読んで時間管理の必要性を痛感しています。今までの自分は、あれもこれも仕事を引き受けて心身とも疲弊しているにも関わらず、仕事もプライベートも中途半端でした。本当に自分しかできない仕事なのか?自分がやることで仕事の効率が上がるのか?クリニックのブランド化ができているのか?自分自身に改めて問い直すと全然できていない自分に愕然とします。時間だけは、誰にでも平等に与えられます。時間を効率よく有意義に使うことにより、空いた時間で心の安息や自己向上のためのセミナー参加や読書ができます。簡単なたとえで言うと、安い物を物色や検索したことにより得られた対価とそれに費やした時間が本当に自分の時給に見合っているかどうか?物品整理が悪くて探し当てるまでの時間、いったい自分はどれだけの時間を無駄にしてきたのだろうと痛切に思いました。限られた人生、もっともっとたくさんしないといけないことがあります。皆さんは、うまくコントロールできていますか?

投稿者: 武富整形外科

2018.10.23更新

一昨日朝から晩まで、開業医向けのセミナーに参加してきました。テーマは時間管理で、ほとんど自分はできていないため参加して吸収しようといきこんでいきました。僕のように疲弊して参加されている先生は皆無で、ほとんどが何軒も分院を持ちビジョンと情熱に燃えておられる方ばかりでした。僕のように仕事を取り込むのではなく、権限委譲を行い、かつスタッフに自分達で考えてもらうシステムを作ることの重要性を学びました。それがたぶんお互いにウィンウインの関係になるのだと思います。特に感銘を受けたのは、東大阪で開業されているヨリタ歯科クリニックの院長先生のお話でした。ワクワク楽しい歯科クリニックのスローガンのもとに、患者さんだけではなく、スタッフのみならずスタッフの家族までに感動と感謝を伝えることを主眼とされています。採算度外視して子どもたちに虫歯予防の大切さを教えて活動には頭が下がります。従業員が選ぶ満足度の高い職場で、零細企業にもかかわらず厚生労働省のホワイト大賞を獲得されたそうです。治療も大事ですが、感動を与えられワクワク楽しい職場って最高ですね!

投稿者: 武富整形外科

2018.10.18更新

最近、売り上げに対する薬剤費が6~7割ぐらいになり病院の経営をかなり圧迫しています。同じ処方を出しても院内薬局の方が処方料が安く、院外処方の方が3倍ぐらい技術料が高いとワタキューメディカルニュースでも報告されています。患者さんに手間暇を掛けてかつ費用がかかるのが問題だと思い今まで頑張ってきましたが、薬価差益がほぼない中で、在庫管理、処方に費やす時間を考慮すると、かなり悔しいですが、消費税も上がるため(保険診療では消費税を取ることはできないが、薬を購入するには消費税がかかる)近い将来断念する日が来るのかもしれません。

投稿者: 武富整形外科

2018.10.11更新

前からどうしても見に行きたかった東山魁夷展を、最終日に京都まで頑張って朝一番で行ってきました。既に長蛇の列で閉口しましたが、作品はやっぱり素晴らしかったです。特に70歳を超えられてからの作品は、荘厳で日本の古来の美しさがエネルギッシュに表現されており、私が言うのもおこがましいのですが、人生の集大成のような印象を強く受けました。年齢を重ねてもあくなき探求心を忘れず自分自身もそうありたいと思いました。そのあと刀剣博に行ったのですが、80分待ちでめげました。仕方なく市バスに乗り鴨川の風景を見ると、7年間も住んだ時は良さがあまりわからなかったのですが、絵も見たせいか古都京都の良さを認識しました。近いうちに再トライして刀剣博行きます(笑)

投稿者: 武富整形外科

2018.09.28更新

昨夜子供がいつも楽しみにしている教会の夜間の部に行きました。正直言って内容は、難しすぎて理解できなかったです。(;^_^Aただ神は我々を作り常に見てくれている事に関しては、僕自身は納得できなかったです。たくさんの良い人の若すぎる死を見てきました。また難民の人々の、特に年端もいかない子供さんの死や号泣している姿を見ると胸が張り裂けそうです。自分自身は、必要とされている間は生かされていると思いますが、本当に神は民を救って下さっているのでしょうか?紛争地域も貧困の格差も更に増大しているように思えます。人々も余裕がないせいでしょうか、利己主義に走っている傾向も強いと思います。僕は、神は自己の中に宿っていて、言い方を変えるともう一人の自分がいて、今自分が何をすべきかを判断してくれていると感じです。皆様はどうでしょう?神様の存在を信じますか?

投稿者: 武富整形外科

2018.09.18更新

先週末は、久しぶりに家にいたので断捨離を行おうと考えていましたが、クリニックの倉庫の掃除、自宅での修理やカブトムシの幼虫の土の入れ替えで力尽きてしまいました。天災のシーンをテレビで見る度に災害が来る前に、終活を終えておかないと思いますが、時間に追われていない分難しいですね!今まで引っ越しを繰り返す度(学生時代から含めると12回)断捨離ができていたのですが、家を購入してしまったため物に囲まれ狭いながら(笑)生活しています。最近は、物を探すのも時間がかかり、昔友人に言われたのですが、1年以上使っていない物は使わないの原則で捨てれば良いのですが、特に新品などもったいない精神で捨てられないですね(涙)皆様はどうされているのでしょうか?

投稿者: 武富整形外科

2018.09.07更新

今年の夏は、地震から始まり豪雨、猛暑、台風と天災続きでした。年齢的に身体も心もきつかったです。今回事から学んだことは、想定外は通じない、危機管理の大切さを改めて痛感しました。最近の自然災害は、もう防御する対策を立てるより、起こった時にどのように対応できるかをしていく必要があるような気がします。北海道の停電や関西空港の教訓から、ほとんどの機能を単一の施設にゆだねるのではなく、ある程度他の施設にも分散させる必要があるのではないでしょうか?発電も大部分を苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所が担当しているためブラックアウトが起こり全北海道の停電が起こったそうです。関西空港もせっかく神戸空港や伊丹空港があるにもかかわらず、国際線のシステムや規約がないため利用できないそうです。有事の際は利用できるようなシステムを構築していた方がよいのではないでしょうか?停電時間も最近は長期に渡る可能性があり、クリニックも長期電源喪失の時のマニュアルが必要と強く思いました。

投稿者: 武富整形外科

2018.08.25更新

早いものでもう来週で8月が終わりですね!私自身8/8~11まで休みを頂いて島根の美保関の多古鼻と言う所のコテージにキャンプ?に行ってきました。半年前からの予約なのですが、全然電話が繋がらないかなりのプラチナチケット(笑)です。海が綺麗で沖縄の慶良間諸島に匹敵するぐらいではないかと思います。貝や海老、魚釣りと童心に返って夢中で遊びました。バルコニーから見える日本海の地平線の夕陽がまた綺麗で何もしなくても癒され幸せな気持ちになります。日々忙殺されているので心の洗濯も必要と思いました。是非皆様も機会があればお勧めです。この夏は、豪雨、猛暑、台風とほぼ3重苦で身体にも堪えました。この暑い中を災害復旧されている方も本当に大変だと思います。人類が好き勝ってしてきたつけが出てきているような気がします。幾ら文明が発達しても自然の猛威にはとても太刀打ちできないと思います。9月になり過ごしやすくなればいいですね!

投稿者: 武富整形外科

2018.08.06更新

今、東京医大の入試で多浪生や女子学生が選別されていたことが問題になっています。確かに文部科学省の事務次官の子供さんを優遇するのは言語道断と思いますが、私立において自分の学校の方針に従って合格者を決めるのは、僕自身は問題ないと思います。推薦入試だって小論文や面接の選抜基準を厳格に公表するのは難しいのではないでしょうか?推薦なんて多浪生には受験機会すら設けられていません。私立や民間は、学校や会社の方針で採用を決めるのが当たり前だと思います。マスコミはことあるごとに平等平等と叫びますが、世の中の動きが全て平等に動いているのでしょうか?マスコミ自身だって言いたい放題で、責任も取らずに明らかに不平等だと思います。特定の人をバッシングと持ち上げを節操もなく繰り返しているのではないでしょうか?ホリエモンしかり最近の大塚家具の久美子社長もしかりです。人間である限り失敗や過ちは起こします。もう少し温かく見守れる社会になれないものでしょうか・・・

投稿者: 武富整形外科

2018.08.02更新

昨日、あんしんすこやかセンターから頼まれ往診に行ってきました。僕自身が驚愕したのは、採血データーや外見から明らかにリウマチでもないに関わらず、とあるリウマチの有名なクリニックで生物学的製剤が投与されていたことです。神戸大学の先生が、精査を行いMRI等のデーターまでつけてリウマチも可能性が低いと紹介状を何枚にも渡って記載して頂いたにも関わらず、見もせずに「ここは全国からリウマチ患者さんが集まっているところ、自分がリウマチと診断するならリウマチや!」と一蹴され机の端に投げ出したそうです。以前もそこから患者さんが来られましたが、ほとんど触診することもなく診断治療されていました。少ない病床数で手術件数だけをこなしている病院やクリニックからも来られますが、本当に手術適応?と考えてしまうことも多々あります。マスコミの良い病院は、件数だけで評価しているためこのような弊害が起こるのではないでしょうか?僕自身の思う良い病院とは、本当に主治医が親身になって短期だけでなく何があっても最後まで診てくれる病院だと思います。極端な良い方をすると数多く治療をしていると言うことは、営業時間にもよりますが、患者さん一人当たりに掛けている時間がそれだけ少ないと言うことです。そう言う点では、僕が手術させて頂いている神戸海星病院の先生方は、本当に身を粉にして患者さんの事を考え働いておられいつも尊敬しています。納得がいくまで自分の病気について聞かれ、対応して下さる先生が、自分のことは棚に上げますが(;^_^A良い先生だと思います。

投稿者: 武富整形外科

前へ
武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日