武富整形外科ブログ

2018.06.29更新

昨日の試合は、正座して観戦していました。内容としては、前半はチャンスがあったのに決めきれず、後半は押され気味で点を入れられてからもセネガル戦のようなハングリーさはなく、素人の僕にも分かるぐらい伝えられているような消化試合の感がありました。またまた日本代表や西野監督にバッシングが始まりましたね!僕は、逆に西野監督の偉大さを強く感じました。半端やない!西野監督!みんな浮かれていますが、もともと1勝もできないと言われていた弱小チームを、ちゃんと結果を残し1次リーグ突破まで持って行き、更にその先も突破をするため、緻密な計算の上メンバー構成や試合配分を、批判を全て一身に背負いながら考えているなんて常人にはできません。幾ら一生懸命頑張っても、結果を残さないと、世界では張り合っていけません。第二次世界大戦も精神論だけで、途方もない数多くの人を失いました。やはり自分の実力、立ち位置を冷静に客観的に判断し行動する必要があると思います。奇跡でなく実力で次も突破して欲しいですが、3日の朝3時はきついなあ~o(T^T)o

投稿者: 武富整形外科

2018.06.28更新

昨夜の韓国は、凄いですね!改めてサッカーは、個の力よりチーム力が凌駕することが分かりました。医療の世界でもチームがとても大事です。最近大学病院で謝罪会見が続いています。画像診断で指摘されているにも関わらず、主治医が確認せず手遅れになり患者さんが亡くなったという悲劇です。医師は専門が細分化されすぎて、自分の専門分野のみ集中して診療を進めがちになります。特に大学病院ではそのような傾向が顕著ではないでしょうか?どうしても医師一人ができることは限られています。僕自身抜けることが多いので(;^_^A勤務医時代も現在もスタッフに大いに助けられています。情報はできるだけ多くの人と共有してたくさんの目でチェックすることが必要ではないでしょうか!スーパースターももちろん必要ですが、チーム医療の治療効果はそれを上回ると今回のワールドカップで再認識しました。今夜の日本もチーム力で1次リーグ突破を!キタ━━━━━━≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!

投稿者: 武富整形外科

2018.06.21更新

皆様、観戦されていたでしょうか?僕は正直負けると思っていましたが、しっかり9時からテレビの前に座って観戦していました。開始わずか3分で退場者が出て点が入り、思わず興奮してしまいました。最後のアディショナルタイムでは祈るような気持ちで早く終われと思っていました。2時間アドレナリンが出放っしで最高でした。まず西野監督に深く敬意を表したいです。2ヶ月前に急遽就任し、メンバー選出、テストマッチでさんざん酷評され、世界トップレベルからみると遙かに個の力不足の選手達をよくここまでまとめて、本番で結果を出したこと、言葉に表せない苦悩や葛藤があったと思います。試合終了後インタビューでのしばらく言葉に詰まり、心なしか目が潤んでいる姿に思わず涙してしまいました。最近の風潮でマスコミのバッシングは常軌を逸脱していると思います。スケープゴートを徹底的にたたきのめし、社会での営みですら許されないぐらい誹謗中傷をするのは、いかがなものでしょうか?なんじ隣人を愛せよの精神で、寛容な心も必要ではと思うのは僕だけでしょうか?たぶん今回の日本代表は監督も選手も酷評に立ち向かった結果、勝利を手にすることができたと思っています。日本頑張れ!

投稿者: 武富整形外科

2018.06.16更新

リウマチ治療を行っていると、頻度はかなり少ないですが帯状疱疹になる方がいらっしゃいます。最初は、身体がピリピリして痛むと言われますが、まだ水疱ができていない状況では整形外科医では診断を確定するのが難しく、後から確定することもあります。薬や年齢による免疫力低下と思われますが、最近読んだNIKKEI STYLEの記事によると子供より50歳以上の人が多いそうです。子供の方が周りに水ぼうそうの人がおり、絶えずウイルスにさらされているため、免疫が活性化されるのに引き替え、年齢を重ねれば免疫力が低下し、それに疲れやストレスが追い打ちをかけるためです。問題は、かかった後の神経痛が残ることが大変で、長い人で10年以上痛みが続くため早期受診を勧められていました。2016年からは、50歳以上の成人にも自費ですが水疱瘡のワクチンが適応になっています。疲れやストレスのない生活が第一ですが、もし可能なら未然に防ぐためワクチン接種をお勧めします。

 

投稿者: 武富整形外科

2018.06.13更新

昨日は、歴史的米朝会談が行われましたね!賛否両論があると思いますが、日本にいるとどちらかというとあんまり有意義ではなかったと言う意見が多いような気がします。僕も日本にいるので、非核化や拉致問題の具体的な解決策に対して共同宣言がなかったので残念な気持ちが強いです。でも片方では、昨年までお互いののしりあっていた一発触発の2人が握手して会合したことに意義があると意見もあります。ややもするとマスコミやその国の意向に情報が引きづられ易いですが、各国を旅行していると、日本の常識がかならずしも世界の常識であるわけでなく、いろんな考えがあると強く思います。最近留学生や海外赴任を希望する人が減っていると言われています。必ずしも世界の潮流の最先端にいる必要はありませんが、日本がグローバルなポジションから年々低下している危機感を感じています。情報が氾濫している今だからこそ、いろんな事を実体験して自分自身で的確な判断ができるようになりたいですね!

投稿者: 武富整形外科

2018.06.12更新

AERAのネットの記事に最近歯科医院の倒産が増えていると記載されていました。コンビニ件数より多いと聞いたことがあり、最近町で歩いていても夜遅くや休日も開いている歯科医院が増えていると感じます。働いている人にとっては休日や夜遅くやっているのは便利なのですが、スタッフを集めたり人件費が大変だと思います。まじめにやっていれば医療は、あまり収益が上がらない収益構造になっています。だからこそ病院では、差額ベット、クリニックでは自由診療が採用されるのだと思います。世界に誇れるすぐれた国民皆保険があるため平均寿命は伸びていっているのだと思います。高齢化が急速に進む今だからこそ、自然淘汰だけでなく本気で考えないと、現在の医療制度は崩壊するのではととても危惧しています。

投稿者: 武富整形外科

2018.06.08更新

昨夜、友人が座長をしているので糖尿病連携セミナーに参加してきました。糖尿病は、98%自分で治療を行うセルフマネージメントが必要な病気で、いかに患者さんがモチベーションを持って治療に当たっていくかで治療効果が決まります。非常に面白い研究がありました。数字の多少の誤差はお許し下さい。まず高血圧で医師から聞いたことでもっとも役に立った指導は、運動でもきっちり薬を飲むことでなく、「塩分を控えること」がダントツだったそうです。それを指摘した患者さんが48%、最大でも半数以下なのですね!もっとびっくりするのがそれを実践した人はわずか11%、医師にとっては寂しい結果です!治療する上で最も大切なのは共感力である。と言う論文があり、その研究では、たしか9名だったと思いますが、同じように指導方法を教えて、その指導を受けた人がどれだけ実践できたかを調べると100%~25%とかなり差があり、共感力の高い人の方が比較的指導効果が高いと言うことでした。ただしパンフレットだけ渡した人も60%が実践できたと言うことで、裏返せばいらんことを言うと余計に治療効果が下がると言うことですね!寄り添うことが大事という事が再認識されました。

投稿者: 武富整形外科

2018.06.07更新

 先々週のNHKスペシャル(よく見ている)(;^_^Aで中高年のミッシングワーカーの話が取り上げられていました。ミッシングワーカーとは、文字通り求職していない失業者の専門用語で、統計学的に求職していないため失業者の中にも入らないそうです。親の介護をきっかけに退職や非正規に就職したものの、親の死後も仕事につけない人が、日本ではおよそ100万人を越えるそうです。確かにある程度資産があれば親を預けたりすることはできますが、なければ自分で介護する以外に難しいです。特に少子化になり残された子供に過大に負担を強いているようにも思えます。人材不足と言っても専門職や若い人を求められる時代では、なかなか求職するのは厳しいのでは・・・AIが発達するともっと職場が制限されてくるような気がします。核家族化の流れは止めることはできないのですが、せめて地域などでバックアップする体制などができればいいですね!僕の小さい頃は、友達の家でご飯を食べたり、見知らぬおばちゃんに怒られたり古き良き時代が残っていました。

投稿者: 武富整形外科

2018.06.04更新

昨夜9時からNHKスペシャルのブループラネットを見ました。それぞれが子孫を残すためまたは生きていくために必死になっている姿に感動しました。BBCアースでワオキツネザルが石で木の実を割る姿はびっくりしましたが、同じようにブダイが貝をサンゴに何度もぶつけて貝殻を割って中身を取り出していました。またタコが鮫から食べられないように貝殻を体中につけたり、鮫のえらに手を突っ込んで窒息させたりすごいです。クエの仲間も群れをなして産卵をするのですが、鮫に食べられても敢えて子孫を残せるように食べられる仲間を尻目にどんどん産卵していました。えてすれば日々の生活に流されやすい自分と比較して毎日毎日一生懸命生きている姿に感銘を受けました。大谷翔平君がやっていた原田メソッドで自分自身毎日の目標作りをすることにしました。まず3ヶ月頑張ってみます。今朝ショッキングな出来事がありました。いつものように自転車で通勤している途中で、スズメが虫を追って飛んでいたのですが、運悪く道路の真ん中で捕らえたため車に轢かれました。あっという間の出来事でした。たぶん虫を補食することで一杯で、車が来ていることなど気付かなかったのだと思います。突っ走ってばかりいると周りが見えなくなりがちと言う教訓めいた出来事でした。ご冥福をお祈りします。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日