武富整形外科ブログ

2020.02.28更新

昨夜のニュースは、びっくりしました。個人的な意見で申し訳ないのですが、あと数週間で春休みを迎える(終業式・卒業式や入学試験など重要な行事が目白押し)この時期に感染が同定できていない地域まで休校に突然する必要があるのでしょうか?またたった1日で学校や親の方が対応できるのでしょうか?それより満員電車で通勤させている方が、ずっと感染拡大のリスクが高いと考えているのは僕だけなのでしょうか?中国や韓国のように何万件と検査件数がこなせず(実質日本でできる検査数1000件以下と言われている)感染拡大はそれほど起こっていないと言われても意図的に検査件数を縮小しているようにしか思えません。現に中国は、感染の可能性があるとして日本人の入国を制限しています。実際中国では発生地の武漢を含む湖北省を除けば、感染拡大の抑制にほぼ成功しつつあるようです。娯楽も研修会なども次々中止になっています。しかしながら検査もきっちりして、明確な根拠を示し拡大阻止をしないと曖昧なままで対策を続けていても、結果が伴わないように思います。

投稿者: 武富整形外科

2020.02.27更新

毎日毎日朝から晩までテレビもコロナ一色ですね。インフルエンザの死者が毎年アメリカでは1万人を超え、日本でも3000人を超えているにも関わらず、あまりにも過剰反応のような気がします。確かに検査も薬もない状態ではありますが、イベントや研修会が次々中止になり、旅行店、飲食店、旅館業界への経済的損失は、外国人観光客がただでさえ減少している中、かなり大きいのではないでしょうか?インフルエンザが流行していると言って、いまだかつてこのような中止の取り組みがなされたことがあるのでしょうか?患者さんの中に飲食やホテル業界の方も多いので、とっても危惧しています。少しでも早く収束し元通りになることを祈ってやみません。

投稿者: 武富整形外科

2020.02.25更新

連日連夜コロナウイルスのニュースが放映され、外出を自制することが多くなったせいでしょうか、先週末は子供を連れて出かけましたがびっくりするぐらい閑散としていました。当院の患者さんには、ホテルや飲食を経営されている方も多いのですが、消費税増税でただでさえお客さんが減っているにも関わらず、コロナウイルスで旅行客が激減して、かなり厳しそうです。研究会も中止がちらほらあり、当院も受診者は減っています。スキー場近くの経営している友人も暖冬の影響で閑古鳥が鳴いていると言っていました。このまま感染拡大が起こり人や物の移動が止まってしまうと、経済に与える影響が僕が想像している以上にありそうな気がします。早期に検査キットやワクチンが生産され、過剰に恐れることなく日常生活を取り戻せるようにして欲しいです。

投稿者: 武富整形外科

2020.02.21更新

皆さん毎日どのように過ごしていますか?僕自身週末も含めてほぼ分刻みの生活をしています。取り掛かるべき仕事の重要度、しなくても良い仕事、要領の悪さなど問題点は、山積しています。そのために心身とも疲労しています。多くのセミナーに参加しているのは、自分がいかに仕事が効率よく回せ、自分の時間を生み出せるかを実行するためです。フェイスブックの創業メンバーで、現在は3人の子どもを育てながら起業家として活躍するランディ・ザッカーバーグ氏の新刊『ピック・スリー 完璧なアンバランスのすすめ』から引用させて頂きました。超多忙な生活を強いられても、自分を見失わず、充実した毎日を送るためのシンプルな方法とはどんなものでしょう。彼女がなんとかできているのは、毎日3つのタスクをきっちりこなすことくらいです。だから、毎朝こんなふうに自分に問いかけます。『仕事、睡眠、家族、運動、友人。3つ選ぼう(ピック・スリー)』。毎日この5つの中から3つを選択することにより、燃え尽き症候群ややるべきことが中途半端にならず逃れられるというのです。1週間振り返るとどれに重点的に費やしたかよく分かるし、なんと言ったって心身とも疲弊することがなくなります。アンバランスを知りバランスよく仕事することが大切です。最近が僕自身むしゃらにやっても再現性のないことは意味がないと思うようになりました。自分だからできるなんておこがましく自分を締め付けていっているだけなのですね!

投稿者: 武富整形外科

2020.02.20更新

昨日東京まで日帰りで研修に参加してきました。あまりにたくさん学んできたので書ききれませんが、特に印象に残った3点について書きたいと思います。まず教育方法ですが、びっくりしたのが北欧ではいわゆるteachする先生の概念がもうなくて、ルーブリックという子供達自身が自分達の評価ができるようにアシストするファシリテーターとなっているそうです。すごいですね!僕たちの学生時代は、ひたすら暗記で答える学習がメインだったのでコペルニクス的転回です。現代のようにグローバルでかつ急速な変化に対応できるためには、変化する状況に対してどのように対処していくか、暗記して物事を知っているより、自分自身で考えやり抜く力が必要ですよね!これだと同じ答えがないのでカンニングもできません。2点目として、また周りに変化を求めるのではなく、まず自らが変わり変化を生み出す考え方や生き方の態度「主体変容」と言うそうです。本当にその通りだと思います。自ら変わらないと周りは変わらないです!できていない自分の心が痛みます。己から率先してやる必要があります。3点目、人生の目的を叶えるためには、何が必要かどのような過程で叶えていくのか実際に書き出すことの大切さがわかりました。例えば1億円稼ぎたいという目的は、なんのために行うのか?稼ぐだけだとみんなに妬まれるだけですが、そうではなく母親に仕送りするとか、学校と作るとか夢のためだと応援したくなりますよね!自分自身深い部分を掘り下げて見つめ直す、更に自己肯定感を保ち夢に向かって走れる気がしてきました。まだ1回しか参加していないので、どれだけ今までの自分から脱皮できるか楽しみです。

投稿者: 武富整形外科

2020.02.18更新

昨夜は、当院の英会話のメンバーで大阪までポルトガル料理「Lisboa」を食べに行きました。僕の学生時代の最初のヨーロッパ入国がポルトガルでした。その頃はユーロも導入されておらず、宿泊も日本円換算で500円以内で、食事も安くて気候もよくここに移住しても良いとまで思いました。イワシ塩焼きも美味しかったですが、特にたらを使ったのバカリャウ ア ブラスと言われる料理が絶品で、久しぶりに食べたく去年わざわざ冷凍のたらを買ったのですが、まだ料理できていません(T△T)ポルトガル語の本も買いましたが、これも塩漬けになっています。語学は毎日の積み重ねが大事なので、やっぱり数分でもし続けないといけないですね!

投稿者: 武富整形外科

2020.02.17更新

年末年始は、あまりに忙しく心が折れていました。年明けも次々課題があり、ふと振り返ると全然有言実行できていない自分に、情けなくなりました。僕自身今のこと地盤沈下している日本の子供達に夢を持ち続ける機会を提供したいと考えています。そのためには自分自身が、やはり有言実行ができていないと他人に勧めることなどできません。以前から名古屋のエールと言う塾の講演会や見学に訪れています。エールは、大谷翔平や菊池雄星などを育てられた原田隆史先生の原田メソッドを取り入れ子供達に、自ら目的を立て実行するための目標づくりを行い、それについてきっちり行えているか自己振り返りもできる「エールノート」を使用されています。子供だけでなく大人にも目的実行のために非常に有用なツールです。自分も毎日振り返りをすることによりいかに時間が有効活用できていないかわかりました。自己逃避せずにやってみます。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日