武富整形外科ブログ

2019.06.17更新

昨日は、朝はエコーセミナーに参加、昼から今後の超高齢・少子化社会と国民皆保険制度の財源選択という講演会に参加してきました。午前中は、隠岐の島で総合診療医をされている、白石先生の外来診療でここまでエコーで診断できるという手技を見せて頂き感銘を受けました。僕のような貧乏な開業医は、レントゲンとエコーしかなく、とてもCTやMRIなど買えません。レントゲンでわからない骨折や痛みの強い腰痛は、どうしてもCTやMRIで診断したくなります。ただ地域連携で病院に連絡しても早くて数日後しか予約ができず、悶々とした日々を過ごすことになります。エコーは簡便ですぐに当てれるので、MRIやCTがない開業医にとってとても有り難い診断機器です。尿路結石、気胸や虫垂炎まで診断できる可能性を見出すことができました。

午後からは国民皆保険制度の維持するための財源を消費税にするのが良いかその他の選択があるかという日本福祉大学元学長の二木先生のお話でした。野党やマスコミがただ単に反対しているのと異なり、現状をしっかり判断し、現時点では、逆進性があるものの社会保険費で対応せざるを得ないという結論でした。給与が増えず社会保障費が増えることは庶民にとってかなりきついですが、消費税が導入されても、それがきっちり社会保障費に回る保証がないのなら、確実な方が良いというのは納得できました。治療現場で出ていて医療費は本当に高いと思いますが、当院は外国人の方が多いので、お話を聞いていると日本の医療制度は世界一優れていると思います。フリーアクセスで高額医療費制度もある。海外では、まず専門医に見てもらうまでに数ヶ月、そこで診断され手術をしてもらうまで数ヶ月と癌だとまず進行していると思われます。また医療費も桁違いに高くて、歯科治療なら飛行機に乗っても日本で治療する価値があると言われています。マスコミの一部の報道だけに惑わされず、しっかり自分自身で事実認識をする必要があると改めて感じました。マスコミも同じような報道だけでなくたまには違う切り口で検証し報道して欲しいものです。

投稿者: 武富整形外科

2019.06.15更新

いつまでたっても子供達が虐待やネグレクトのを受けている事例が跡を絶ちません。解明された具体的な虐待方法を次々ニュースで放映され、心は張り裂けそうになります。毎回責任者探し、両親の稚拙さについてマスコミはコメントを言いますが、具体的な対策がなされない限りこのような事例は減ることはないでしょう!昔はきっと大家族や三世代家族で、きっと親たちが疲弊しないようにセーフティネットが家族内に存在したのだと思います。現代のように家族も疎遠で隣近所にも誰が住んでいるかわからない状態で、どのようにすれば地域で育児や徘徊高齢者を暖かく見守るようなシステムが作れるのでしょうか?過度のバッシングや他人夫婦の問題に過剰に介入することなど本当に必要なことなのでしょうか?僕は、ゆくゆくクリニックの診療後に、近所の人が集ったり、子供達が人からの押しつけの勉強でなく、主体的に自分の夢に向かって勉強できる場所を提供できればと思っています。

投稿者: 武富整形外科

2019.06.14更新

昨夜、リウマチの講演会で高齢者における多剤投与の問題が提起されていました。以前より高齢者に多剤併用が多く、それによる副作用で転倒や合併症が増えていると言われています。特に7種類以上服用されていることを、ポリファーマシーと言われますが、当院に来られる患者さんでも逆に7種類未満の人を探すのが難しいぐらいです。かかりつけ薬局も有名無実化して、ほぼ皆さん門前薬局で処方されているため、責任の所在が曖昧で、減量に取り組むところなどほぼ皆無だと思います。意識を持って減薬することが一番大事だと思いますが、現場で治療している私として一つ提案があります。院内処方で7種類以上処方すると問答無用で薬剤費が1割カットされます。薬価差益が殆ど無い昨今、1割カットされるとほぼ赤字で処方、処方数が多ければ多いほど損失が多いため大きな歯止めになると思います。院外処方だと処方箋料が数十点だけ減算されるので処方する側としては、それほど痛みを感じません。院外処方も院内処方と同じように、処方元の医院や病院から一律1割薬剤費をカットすればもう少しポリファーマシーの問題に真剣に取り組むと思います。身体状態の現状を評価せず、延々と薬が処方されている状況には、非常に疑問を思っています。運動療法や生活習慣を改めるだけで薬はそれほど必要でなくなると実感しています。

投稿者: 武富整形外科

2019.06.13更新

2ヶ月間ブログを更新せずすいませんでした。今年に入ってから私の不徳のせいでクリニックの受付が、ごたごたして誠に申し訳ございませんでした。開業して3年でしたが、人事の面で苦労し心身とも疲弊した数ヶ月でした。クリニックの理念を掲げ改革する事は、このような小さなクリニックでも大変でした。特に人材不足が拍車をかけ、私のところだけでなく零細企業のみならず中小企業も仕事のやりくりが大変だと思います。最近黒字や人材不足倒産など身を持って感じることができます。日本は、生産性が低いと言われているので、これをきっかけに生産性が上がるのでしょう!昔ながらの人間なのでしょうか、面接も連絡もなく来ない人、連絡も取れない人、突然退職される人など自分が今まで経験したことのない事も数々ありました。他人事ながら、人生100年時代にどのような人生設計を描いているのか心配になってきます。人材不足で、今は容易に就職することができても、この先AIがどんどん導入され、数十年単位で仕事を続けることを考えると厳しいのではないでしょう?政府が、2000万円貯蓄が必要だ!非正規から正規へと声高に叫ぶのも、将来生活保護費が10兆円を超えると試算されているからです。国債が1000兆円を超える中、公的な社会保障だけで老後を過ごせると思わないのは僕だけなのしょうか・・・・

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日