武富整形外科ブログ

2016.09.20更新

三連休は、ゆっくりされたでしょうか?僕の方は、日曜日は、久しぶりに母親の面会に行っていました。パーキンソンになって既に13年が経過し、病気がかなり進行、食事以外はほぼ全面介助の状態です。自分の身体が意志に反して動けないのは、端から見ていてもかなり辛そうで、83歳を超えた父親が、次々と出される要望に文句も言わず、甲斐甲斐しく介護している姿には、頭が下がる思いです。若い頃は、家のことは全くと言うほどしなかった父親ですが、今では自炊、掃除、洗濯も自分でしています。年齢に関係なく環境が変われば、できるものだと改めて思います。自分の両親でありますが、夫婦の絆を感じました。しかしながら先日ニュースで、独身で交際相手の居ない割合が男女とも過去最高と出ていました。昨年6月の国立社会保障・人口問題研究所の調査では、18~34歳の独身の男女5276人の回答によると交際相手が居ない割合は、男性が69.8%女性が59.1%と過去最高だったそうです。半数を大きく超える数字にびっくりしました。町中に出ると結構カップルが多く、日本って平和だなと感じることが多かったからです。逆の見方をすると交際相手がいない人は、あまり町を出歩かないのかもしれませんね!また結婚を妨げる理由について最も多かったのは、男女ともに「結婚資金」(男性43.3%、女性41.9%)だったそうです。僕自身は、結婚の妨げは、どちらかというと出会う機会かもしれないと思っていました。確かにLINEやfacebookがあるため出会いは、意外とあるのかもしれません。クリニックを開業して経済的苦しい状態に身を置くと、愛も大事ですがお金も大事であると痛切に思います。\(;゚∇゚)/その中でASAHI Medicalから面白い特集を見つけました。「寂しいと心臓病になるか?」徳島赤十字病院循環器内科部長大谷龍治先生の記事から引用させてもらうと、日本人男女9万4062人の婚姻状態と予後を10年間にわたって追跡した研究では、結婚歴のない男性では、既婚男性に比べて冠動脈疾患の死亡率が約3.05倍高く、女性では既婚女性より総死亡率は1.5倍と高かったものの冠動脈疾患による死亡率は変わらなかったそうです。ところが最近の欧米の報告では、女性の優位性は認めておらずやはり未婚の方が10%ぐらい高かったそうです。また離婚経験者についても報告があり、急性心筋梗塞のリスクは、女性の離婚歴1回で24%、2回以上で77%で、再婚による改善は認められないそうです。一方男性で2回以上では30%であったものの1回目や再婚でリスク増加を認めなかったそうです。結論では、男女とも独り身よりは結婚して円満に解決することが心血管には優しいのではと締めくくられていました。全くの一人で生きていくのは寂しい気がします。雨降って地固まるではないですが、老若男女仲良く生活していくのが長生きの秘訣と言えそうですね!

 

 

 

投稿者: 武富整形外科

2016.09.15更新

最近の糖尿病薬の種類の多さには目を見張るものがありますね!糖尿病患者さんはずっと増え続けているそうで、2012年の厚生労働省の国民健康・栄養調査では、HbA1C値が6.5%以上ないし糖尿病治療を行っている人は950万人と言われていますからほぼ人口の1割ですよね!また高齢化が進んでいるため、70歳以上の男性では30.7%、女性では27.3%にも達するそうです。整形外科では高齢者の人が多いので、高血圧、糖尿病の治療している人も多いです。糖尿病の怖いところは、症状が出ずに静かに合併症が進むことです。三大合併症のうち網膜症や腎症は目が見えなくなったり、透析の必要が出て来るので特に要注意です。認知症、癌、骨粗鬆症、うつなど様々な病気の関連性も高いと言われています。今は、毎日でなく週一回の薬とかもあるので以前と比べて使いやすいと思います。症状が出てからでは遅いので、しっかり主治医の先生と相談して治療して下さいねo(^▽^)o

 

 

 

投稿者: 武富整形外科

2016.09.10更新

朝晩はすっかり涼しくなりましたが、日中は相変わらず残暑厳しいですね!今日はお薬の話をします。当院でもお薬手帳で薬確認を行っているのですが、最近特に内科で薬の種類の多さにびっくりします。一番多い人で1日27種類飲まれている人がいました。いろいろ作用機序が違う薬が必要なのでしょうが、あまりにも多いのは薬同士の相互作用のこともあるので、気をつけないと思います。日本老年医学会でも5週類まででとどまるように推奨しています。整形外科の痛み止め、特に非ステロイド鎮痛薬は長い間飲むとよく知られている胃潰瘍の問題もありますが、腎機能も悪くなります。できるだけ痛みのない時は予防的に飲まず必要な時に飲むようにして下さい。痛みが強く長い間飲む必要がある場合は、カロナールやトラマール、トラムセット配合剤などはあまり胃や腎臓に負担がかからないと言われています。そちらに変更するのも一つの選択枝かもしれません。どんな薬(たとえ漢方であっても)にでも副作用はあります。たくさんのお薬を飲んでおられる方は、時々主治医の先生に、減らせるかどうか聞いてみられるのも良いのではないでしょうか?

投稿者: 武富整形外科

2016.09.08更新

先週の日曜日に患者さまのヨットに乗せてもらう機会を頂きました。台風が九州通過する予報だったので絶対大荒れの天気になると思っていましたが、日頃の行いが良いせいか(;^_^A快晴でした。お陰で日光を遮るものが全くなく、現在日焼けで鼻周囲の皮膚がぼろぼろはがれてひどい状況です(T_T)姫路市の的形ヨットハーバーから朝9時半に出航、天気が悪いと言われていたせいか、海の上には他のヨットが無くまさしく大海原に出て行く感じでした。大自然の中では、人間の存在なんて本当にちっぽけで、日々時間に追われていることさえほんのつかの間忘れることができました。沖合で船酔いする前からシャンパンを空けて(((\(@v@)/)))男鹿島を目指して帆とエンジンで向かいました。途中でぼらが何匹も飛び跳ねているのを見て虫取り網を持ってきたら良かったと思いました。\(;゚∇゚)/男鹿島の由来は、牡鹿が姫路から渡ってきたゆえんだそうです。ただ男鹿島は、土砂の採取のため山が削られて地肌がむき出しになって寂しかったです!島到着後いけすからヒラメとタコをすくって刺身とたこしゃぶと唐揚げにしてもらって頂きましたが、最高でした。ひらめのこりこりとした食感、たこしゃぶも唐揚げも素材が良ければほとんど味付けがいらないと改めて思いました。やっぱり日本食は最高です。帰りは、ほとんどヨットの中で舟を漕いでいました(-д-)zZZ貴重な時間を頂き感謝です。でも翌日からは、仕事が山盛りであっという間に現実に引き戻されました(涙)

 

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日