武富整形外科ブログ

2018.05.21更新

診療報酬改訂前後で慌ただしくいろんなこともあり精神的余裕が無く、ブログを長らく更新せずすいません。昨日先祖の墓参りに高野山まで行ってきました。電車で乗り換えも含め片道3時間ぐらいかかるので、家に溜まっていた雑誌プレジデントを道中読んで、決断したことはすぐに実行しないと意味がないと、例えば夏休みの宿題が新学期直前までしないのは、時間があるからと思っているためできないのだと書いてあり、改めて立てた目標についてすぐに実践する必要があると強く思いました。明日や来月からとか思っているといつまで経ってもできませんね!50歳も過ぎると残された人生を有意義に生きなければと思います。プレジデントにも60歳の人に40代にしておけば良かったと言うことがたくさんありました。とりあえず身の回りの片付けからしないと(;^_^A

投稿者: 武富整形外科

2018.03.19更新

3/17にリウマチの会に参加してきました。リウマチは、早期診断、早期加療をしないとどんどん骨破壊が進んでいく。そのためには場合により早期に生物学的製剤(注射剤)をしないといけないと盛んに言われていました。でも現在ではそれほど慌てて治療をしなくても2年後の成績はそれほど変わらないという事でした。生物学的製剤は効果も高いのですが、費用がかなり高いため導入できない人も数多くいらっしゃいます。やむを得ず今までは、抗リウマチ薬をいろんな組み合わせで出していましたが、やはり種類が多くなるにつれて副作用の頻度が上がってくるそうです。治療の選択の幅が減り、苦渋の選択としてステロイドを増量していくしか方法がないのかもしれません。金銭的な理由で薬が使えないのは、平等に反する事だと思うのですが・・・・薬価を下げて欲しいです。

投稿者: 武富整形外科

2018.03.16更新

医療に携わっていると最近もっぱら高齢化の事ばかりで、将来社会医療費の負担はどうなるのだろうかと不安になります。でも今後日本の発展の事を考えると、次世代を担う子供達の教育も大事ではないかと思い始めました。めざましい発展を遂げている国々はやっぱり教育に重点が置かれていると思います。教育の無償化も大事なのかもしれませんが、限りある資金の中で有効活用するような工夫も大事ではないでしょうか!教育内容も他国と比べ画一的で、自分自身で考えて意見を言えるような機会が少ないように思えます。就活のインタビューでも何がしたいのではなく、もっぱら給与や福利厚生だけを求めている学生が多いのではないでしょうか?中国や韓国などと比べ、毎年留学する人の減少も残念な結果です。明治維新の多くの立役者を輩出した松下村塾のように、貪欲で夢を追いかけ外海の荒波にもまれるような人物が多く出ればと切に思います。

投稿者: 武富整形外科

2018.03.12更新

この4月より診療報酬改訂になります。改訂でいつも思う事は、薬剤費、検査代の引き下げと医師の技術料の引き上げです。今回もリウマチに使用される生物学的製剤の大幅な引き下げを期待していましたが、残念ながらほとんど下がらないようです。費用が高いため、導入したい患者さんに使えず心が痛みます。よく日本の医療は薬漬け、検査漬けと言われますが、医師の技術料が低く抑えられている事、医療訴訟から身を守るためや患者さん自身の希望もあり検査や投薬が過剰にされる傾向がある事は否めません。当院でも有無を言わせず売り上げの6割ぐらいが薬と検査代に消えていきます。薬や手術をしないように食事療法や運動療法を指導しても全くコストを取る事ができずいつも矛盾を感じています。またリハビリも一律に150日と期間が決められているため、生活機能レベルを維持する事すら難しい状況になっています。必要な医療に医療費が認められる改定を切に望みます。

投稿者: 武富整形外科

2018.02.16更新

羽生さんの今日ショートプログラム圧巻でしたね!口で言うのはたやすいですが、けがからの復帰で練習もままならない中で、自分自身の心の葛藤と日本国中からの期待感によるストレスは並大抵ではないでしょうね!僕なら確実に重圧につぶされそうです。人生試練の連続ですが、23歳という若さで乗り越えられる事が凄いです。昔、瀬戸内寂静さんが人生で選択に迷ったら敢えて困難な道を選択すれば間違いないと言われているのを思い出しました。やっぱり人間として成長するためには、立ちはだかる問題に向かっていかないとだめですね!明日は、ライブで見たいのに仕事です(T_T)

投稿者: 武富整形外科

2018.02.15更新

昨夜は、いろんな職種の方とお食事する機会がありました。皆さん熱い気持ちで働いておられる方ばかりで非常にエネルギーを頂きました。オリンピックもそうですが、目標に向かってひたむきに努力されている姿には感銘を受けます。最近の若い人は、夢がなくなってきているような気がしますが、オリンピックで活躍されている人を見るとまだまだ日本も捨てたものではないと思いますし、葛西選手のように中年になっても頑張り続けている姿にもこちらまで熱くなります。あきらめたり辞める事は簡単で、続ける事が大切だと思います。山本周五郎の小説に「日本人はすぐに潔く散る事を美徳するが、生き抜く事の方がずっと荘厳だ」という一節があります。僕も時々生きているのがしんどくて逃れたいと思う事もありますが、支えてもらったり必要としてくれている人の事を考えると頑張ろうと思います。感謝m(_ _)m

投稿者: 武富整形外科

2018.02.05更新

このまえ保険医協会の月刊雑誌の中で「笑い」について記載されていました。昨年の5~8月に大阪国際がんセンターで「わろてまえ劇場」という笑いの舞台を参加者に見てもらいその前後で免疫力などがどう改善するか調べた実験が行われたそうです。もちろん免疫力が上がり、この結果は科学雑誌で有名な「ネイチャー」に投稿されるそうです。免疫の司るNK(Natural Killer)細胞があるのですが、大阪には「なんば花月細胞」と思い込んでいるおばちゃんもいると書かれてあり思わず笑ってしまいました。もっとすごいのがノーマン・カズンズという後にカリフォルニア大学(UCLA)の医学部教授になった人で、強直性脊椎炎(膠原病の1種)になり毎日全身の痛みにさいなまされていましたが、アフリカのシュバイツアー博士の「誰だって身体の中に病気を治す主治医がいるから、それをたたき起こす事だ」と言われドタバタ喜劇を10分間見て2時間ぐっすり寝られたため半年続け家に歩いて帰って退院したそうです。それだけでなく、後に心筋梗塞になり友人の医師の忠告には耳を貸さず、笑いで治したそうです。これは「笑いと治癒力」「続・笑いと治癒力生への意欲」岩波現代文庫でまとめられています。是非機会があれば読んでみて下さい。僕も人間の自己治癒能力は実は凄いと思っています。健康で長生きするためには笑いが必要ですね!o(^▽^)o

投稿者: 武富整形外科

2018.01.23更新

1/18ラジオ関西の「寺谷一紀とい・しょく・じゅう!」の収録に行ってきました。さすがにプロだけあって即興でも受け答えが抜群です。自分の方は、しっかり予習をしていなかったため原稿を読みながら噛み噛みでした。(T△T)やっぱり下準備は必要です。左顔面神経麻痺があり口角が下がっているため、はっきり発音するのに指で口角を上げると語尾がはっきり発音できるのですが、youtubeでも流されるということだったのでそれもできずうまく伝わるかどうかかなり心配です。(;^_^Aもしよかったらラジオ関西では、1/25(木)の19:25ぐらいから聞いてみてください。ご批評は甘んじて受けますm(_ _)m

投稿者: 武富整形外科

2018.01.12更新

今週に入って寒い日が続き底冷えします。九州でもかなり雪が降っていたのにはびっくりしました。僕も冬用タイヤを持っていないので想定外に雪が降ると移動できなくなります。日頃からリスク管理はやっぱり大切だとニュースを見て強く思いました。またこんな寒い中でもご来院頂き感謝です。インフルエンザも猛威をふるっているようで、予防にはワクチンだけでなく手洗いやうがいなども必要です。皆様、体調にはくれぐれも気をつけて下さい。明日大学のリウマチグループの勉強会で京都に行くので凍り付かないよう万全を期して行ってきます。(;^_^A

投稿者: 武富整形外科

2018.01.06更新

明けましてお目でとうございます。本年もよろしくお願いします。年末年始は、皆様ゆっくり過ごされましたでしょうか?僕自身は、例年どたばたで12/31に紅白が終わるまで年賀状書きをすませれば○って感じで過ごし、正月は両親と親戚を呼んで年始の挨拶です。今年は、夜からは昨年シングルベルの会の延長でシングルの会のメンバーで宴会をしました。それぞれの今までの壮絶な?人生を聞けてまだまだ自分自身の未熟を感じました。1/2は、本当に何年ぶりかアマゾンプライムの「仁」という江戸時代に現代の脳外科医がタイムスリップをするドラマをごろごろしながら見ました。南方仁が主人公なのですが、セリフで、自分自身の実力と思っていた医療技術が、江戸時代では何もできず、先人達の努力により開発された治療器具や薬のよる賜物なのだと言い聞かせるシーンがあります。仁が次々に治療器具や薬を作っていくところが凄いのですが、本当にその通りだと思います。アマゾンのジャングルに昔旅行した時、案内人は地図もコンパスも持たずに案内してくれました。僕がなぜ道が分かるのか尋ねると、太陽の位置で分かるのだと説明してくれました。客観的データーも必要ですが、五感を研ぎ澄ます事も必要だと思います。僕にとってとても教訓めいたドラマでした。

投稿者: 武富整形外科

前へ 前へ
武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日