武富整形外科ブログ

2016.08.16更新

日本も毎日暑いですが、リオも暑い熱戦が繰り広げられていますね!普段サッカーぐらいしか見ないですが、毎日テレビに釘付けになっています。今年は、日本選手の活躍が本当に多いと思います。読売オンラインで五輪選手のコメントで学ぶ「人の心を動かす力」と言うコラムを木村隆志さんが書かれておられ非常に感銘を受けました。金メダルを獲得した萩野公介選手と、銅メダルを獲得した瀬戸大也選手や体操の内村航平選手とウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手の互いをたたえるコメントには僕も身震いするほど感動しました。特にベルニャエフ選手は、ウクライナの選手が待遇の良いロシアにほとんど移住しているにもかかわらず、設備も待遇も良くないウクライナに残って努力をして銀メダルを取るなんて別に金メダルを上げたいぐらいです。今回内村航平へのインタビューで「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」と向けられたことにオレグ・ベルニャエフが怒り以下の様な発言をしたことも凄いです。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ。航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」切磋琢磨はするが、試合が終われば、お互いの実力を認め合うライバルの存在は最高です。僕も負けず嫌いで悔しいとついつい負け惜しみを言いたくなりますが、木村さんのコメントで「勝負事も含め悔しさを露あらわにするよりも今後に目を向けたコメントをするほうが、清々すがすがしい印象を与えられます。また、本人としても、気持ちを切り替えて前に進むきっかけにすることができるでしょう。」ありました。他にも良いコメントがたくさんあるので是非ネットで検索してみて下さい。あまり引用すると著作権侵害になりそうなので(;^_^A

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日