武富整形外科ブログ

2019.12.09更新

12月4日の中村医師が撃たれたが、命には別状なしから急転直下で死亡というインターネットのニュースは、全身の力が抜けるぐらいショッキングでした。僕自身父親の仕事で幼少の頃アフガニスタンで生活したこともあり、ずっと中村医師を応援していました。1984年からパキスタンのペシャワールに赴任され、医療だけでなくアフガニスタン人が自分達で生活できるように、江戸時代の「石張り式斜め堰」を安価で構造がシンプルであることに着眼し導入、危険地帯であるにも関わらず、35キロメートルを超える幹線水路が作られ、1万6千ヘクタール、60万人分の安定灌漑を先頭に立ち作られたことに対して尊敬の念を抱いています。武器も持たずに本当の人道支援とは何かを身を持ってされたと思います。凶弾に倒れたれたことが無念でありません。ペシャワールの会の代表があと20年はすると言われていたので本人もさぞかし無念だったと思います。僕たちができることは、この中村先生の遺志を継いでいくことが大切だと思います。安らかにお休み下さい。合掌

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日