武富整形外科ブログ

2020.10.26更新

土曜日に、NHKスペシャルで「世界は私たちを忘れた~追いつめられるシリア難民」を放映していました。僕が想像を絶するシリア難民達の境遇でした。隣国レバノンに逃げてきたものの、仕事もなく滞在証明書も取得するお金もないため、コロナの影響で難民に仕事を取られたと思われるレバノン人から迫害を受けても何もできない。子供達は誘拐され、臓器摘出後ゴミ収集の所に捨てられている、女性たちは売春で稼ぐ、そして絶望のあまり世界に状況を知らせたくて焼身自殺をするなどまるで地獄絵図のようです。シリアに帰れば戦争に駆り出され、行き場所がなく、毎日怯えながら数百円で暮らしている人の割合が9割近くになるそうです。はだしのゲンにも書かれていましたが、戦争で一番被害を受けるのは善良な市民特に女性や子供です。この歴史は、残念ながらずっとずっと繰り返されています。迫害を受けたユダヤ人が、同じようにパレスチナ人を壁を作って迫害をしている。夜明け前から夜まで学校にも行けず懸命に働いている子供達が、1日数百円の収入しか稼げない一方、不労所得で稼いでいる富裕層との格差に憤りを感じてしまいました。国連のスタッフが絶望感に苛まされると話していました。広島や長崎で罪もない大勢の人々が生きながら焼かれ放射線の後遺症で苦しめられた国が、核兵器禁止条約に署名しなくてもよいのでしょうか?世界の旗振り役であって然るべきだと思います。自分自身の境遇がいかに恵まれているか、世界で起こっている現実を知ることの大切さ、物も時間も無駄に浪費しているかなど自分への戒めが多く感じた番組でした。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日