武富整形外科ブログ

2021.04.19更新

昨夜NHKで上記タイトルで放映されていました。ワクチンは、研究者が考えていたより効果が高く、90%以上の感染予防効果が示されています。インフルエンザワクチンが30~60%ぐらいなのでかなり効果が高いですね!今後インフルエンザもmRNAワクチンが開発されるかもしれません。また変異株に対してもイギリス型(N501Y)に対しても抑制効果があり、ブラジル型(E484K)に対してもやや抑制効果が低下するものの重症化するリスクは、下げると言われていました。今はmRNAに対してワクチンが製造されるので、変異種が出てきてもすぐに作成される可能というお話でした。科学的技術の進歩は凄いと思います。後遺症の持った人にもワクチンが改善する効果もあると聞いて、現在後遺症に悩んでおられる方には朗報ですね!これについては、なぜそういう事が起こるか解明され、治療にも結びつくのではないかという研究段階だそうです。残念なのは、日本における終息のシュミレーションでは、ワクチン接種率が今のままだと秋頃第5波まで見舞われ、終息には年末ぐらいまで掛かりそうです。非常事態宣言も重要ですが、ある程度短期決戦型で、期間を決めてワクチン接種に全力を注いで欲しいと思いました。あとは治療薬開発ですね!コロナに怯えながらの生活は、もうこりごりです。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日