武富整形外科ブログ

2022.09.11更新

緩和ケア医であった関本先生の事は、神鋼記念病院在職中お名前は聞いていましたが、実際の活動については、肺がんになられ、脳転移しながらも仕事を続けられているテレビのニュースで知りました。医師とは、ある意味、病気、治療成績を知っているがゆえに、診断されると自分の人生の予後をおおよそ判断できます。その中で、自分の残り少ない人生を、自分のためだけでなく、抗がん剤との副作用と戦いながら、患者さんに捧げたことに対しても崇高の念以外にありません。もし自分が診断されると、やり残したことをやりたいと思うかもしれません。その関本医師が、自分のお葬式で流す挨拶を2年前に前撮りして、それがYoutubeにアップされているとのニュースを聞き、見ました。シンプルではありますが、ユーモアも交えて関本先生の想いが沢山詰まった素晴らしい挨拶でした。葬儀で、代表者の挨拶ではなく、こういう形であれば、参列者の方々に想いを伝えられると思いました。https://www.youtube.com/watch?v=eBkwtoJwsCw

投稿者: 武富整形外科

entryの検索

カテゴリ

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日