武富整形外科ブログ

2021.10.06更新

 東京大学博士課程終了後すぐにアメリカの気象局に招かれて研究を続け、僕が生まれてたすぐの1967年に温暖化の影響について発表されたそうです。僕が小学生の頃は、公害や光化学スモッグなど頻発しており、運動場には赤い旗が立つと光化学スモッグがあるので外に出てはいけないことになっていました。温暖化など議論にも上がらず、眼の前の大気汚染をどうするかの時代でした。その頃に二酸化炭素濃度が温暖化に影響するという着眼点を持ち、真鍋氏を招聘し研究費をつけているところがアメリカの凄いところです。基礎科学にも重点的に人件費や研究費をふんだんに投資しているからこそ、50年以上に渡って大国としての地位を維持できているのだと思います。翻って日本は、大学も予算を減らされ、ポスドクなど安い人件費で研究させられている限り、地盤沈下は避けられないと思います。コロナも含めて選挙では、喫緊の課題、中期、長期ビジョンについての政策論議を中心にして欲しいです。タイトルだけで中身のないキャッチコピー、スキャンダルや揚げ足取りの論争はもううんざりです。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日