武富整形外科ブログ

2016.10.28更新

現在財務省の財政制度等審議会財政制度分科会で今年度中に結論を出すと言われているものに①「かかりつけ医」以外を受診した場合の定額負担の導入②入院時の光熱水費相当額にかかる負担の見直し③処方薬を薬局で買えるようにした薬については保険給付から外す(湿布や目薬、漢方)④金融資産等を考慮した負担への医療保険への適応拡大が論議されているそうです。これが本当に認められると、現在でも訪問診療でかかりつけ医が登録されているため内科の先生で登録されていると、リハビリなどの治療ができないのと同じ事が患者全体に起こることになります。目が悪くなったり耳が悪くなることもありますよね!絶対反対です。②の光熱費の負担は、病院に在籍して、光熱費が莫大であるの事を知っているので賛成です。医療側が購入する全てに(薬や注射や機材もしかり)消費税がかかるにも関わらず、医療費に関しては全く消費税が取れないのは理解できません。薬剤費も診療報酬も決められている中でも、8%以上の利益を上げろと言うことでしょうか?③に関しては、コメントは難しいですね!本当は、もっと高い薬剤費を減額するように製薬会社に指導するか国際基準に合わせた薬価に引き下げるなどの努力がその前に必要だと思います。診察料なんて微々たるもので当院でも売り上げの6割近くが薬剤費であることを考えると時々製薬会社のために働いているのではと悲しい気持ちになります。よく薬漬けや検査漬けなどと言われますが、診療報酬がそちらがメインになっているために、売り上げを増やしたり訴訟のリスクを減らすためには、必然的にそちらに比重を移さざるを得ません。薬剤費ではなく成人病予防や運動療法、医師の技術料の診療報酬を上げて欲しいと思っています。

投稿者: 武富整形外科

武富整形外科 TAKETOMI CLINIC お電話はこちらから:078 -232 -7277 診療時間:月~土 8:30~12:00 13:30~17:00 休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日、第5土曜日